SK370H は、発泡スチロールの減容と処理コストの削減を目的とした特許製品です。

圧縮前
圧縮後
  • スクリュープレス方式の型式SK370Hで発泡スチロールの魚箱を圧縮した場合、圧縮率は約1/50になります。
  • 型式SK370Hで減容、固化した成形物は300㎏/m³になります。
  • 型式SK370Hには発泡スチロールの手投入用ホッパーが備え付けられています。
  • 型式SK370Hには発泡スチロールを一定の圧力を維持しながら減容するために油圧/電気制御のシリンダーが備え付けられています。
  • 型式SK370Hは約200㎏/時間の発泡スチロールを処理することが可能です。(※フタ付き魚箱で約300箱分に相当します)

※ 型式SK370Hの処理能力は発泡スチロールの濡れ具合、或いは形状によって変化します。

型式 SK370H 仕様

項目
仕様
減容方法 スクリュープレス
機械寸法 (mm) (最大値) 幅 :5,170
長さ:1,350
高さ:2,200
機械重量 (kg) 1,400
投入口寸法 (mm) 1,000×507
処理物寸法 (mm) 幅 :380
高さ:380
長さ:任意にて調整
処理能力 (kg/h)
(処理状況により異なる)
150~200
減容率 1/50
モーター電圧 (V) 3相200V
モーター容量 (kW) スクリューモーター :18
クラッシャーモーター: 1.3
出口油圧用モーター : 0.75
処理後重量 (kg/m³) (1mあたり) 300  (30~40)
対象物 発泡倍率50倍以上の製品PS
処理不向き物 発泡トレイ
発泡ウレタン
発泡倍率の低い物

 


カタログダウンロード

納品事例

納品事例一覧はこちら

連絡先

メールでのお問合せはこちら≫ 電話:078-903-0825 / FAX:078-903-2593