「2014NEW環境展」ご来場ありがとうございました。

お知らせ トピックス

2014年5月27日~30日に開催されました2014NEW環境展では、事務局によりますと167,210名の来場者があり、

盛況のうちに閉幕したとの発表がありました。

お陰様で弊社では、期間中280件のご引き合いを頂き、社員一同張り切ってフォローさせて頂いております。

誠にありがとうございました。

今回はご参考までに、期間中特に人気のあった機種などについて、簡単にご紹介させて頂きます。

 

 1.分離型コンテナ  

本展示で、一番の注目を集めたのは、分離型コンテナです。本機は結束ヒモ等の消耗材は不要保管や整理の手間も省け輸送回数も減らすことが可能なため、

従来の処理方法に比べ大幅なコスト削減が実現できます。

また、国内同等機種に比べ弊社の分離型コンテナは

格別に低価格でお求め頂けるため、

排出元企業様、処理業者様だけでなく、コンサルタント業、設計メーカー様からもお問い合わせ頂きました。

 1分離型コンテナ
 2.縦型圧縮機

 昨年に引き続き今年も、小型圧縮機SX-V6040、SX-V8055に根強い人気が集まりました。

缶・ペットボトルをしっかりと圧縮できるマルチコンパクターSX-V6040

ビニールやフィルムもしっかりと四角状に梱包でき、抜群のコストパフォーマンスをもったSX-V8055は、

低価格な上に多様性があるため、ご来場の皆様から驚きの声を頂きました。

 

 2小型機
3. X30AD(オートマチックドア付)  

弊社主力商品のBRAMIDANシリーズからは、更なる簡単・安全使用を実現するためオートマチックドアを搭載したニューモデルX30ADが本展示会にて日本初お披露目となりました。

従来のものに比べても、ひと目で作業においての優位性をご確認頂けるため、会場にて展示機は即販売になりました。

 

 

 

 

 3AD用
4.社会科見学 

 ご来場者様の中には社会科見学の学生も多く見られました。

今回弊社ブースに立ち寄られた学生の皆さんは、協賛出展したプラスチックのリサイクルビレッジを一巡し、プラスチックリサイクルの必要性を学ばれたそうです。

圧縮することの有効性を学んで頂けたなら弊社としても幸いです。

 

 

 4社会科見学
この他にも綿、焼却灰、発泡物、緩衝材の圧縮や処理など、各業界や企業様に特化した特殊案件や処理ラインのご相談

多く頂きました。

弊社は今後も、全国各地域にある客先様への納入実績をもとにした経験と知識を活かし、圧縮梱包機を軸に様々な廃棄物処理のご提案をさせて頂きます。

今後共お引き立て賜りますよう、社員一同心よりお願い申し上げます。